読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青と星をつまみに海老

A.B.C-Z五関くんが好きなんです。時々V6とSMAPに @kzmmk0706

人生で初めてファンレターを書いた。五関くん編

私、生まれて初めてファンレターを書きました。五関晃一くん宛てに。

 

ジャニヲタになって初めて書いた。ジャニヲタ歴=ほぼ年齢な私の生まれて初めてのファンレターをたった今書いた。書き終わって気付いたがそんなときこそA.B.C-Zの「ラブレター」をBGMにすべきだったなと。

 

そもそもなんでファンレターを書こうと思ったか。一番の理由は五関くんの一万字インタビューを読んだからです。

 

f:id:kzm0706v:20170331224400j:plain

 

この一万字を読んで五関くんにとってファンレターがそのような位置に存在していると知ったことが一番の大きな理由。その他はファンになって一年五関くんのおかげで楽しい生活を送ることが出来ている感謝の伝えたいこと。また一万字のインタビューで感じた五関くんの思うA.B.C-Zや五関くん自身の強い自信が紙面からがっと伝わってきてぐっとくるものがあったら。私が五関くんの一万字を抱きしめようと思っていたのに五関くんの一万字が抱きしめに来たからというよく私のことのなのに私ですらよく分らない理由から。

 

そんな感じで

「私は人生初のファンレターを五関くんに捧げてやる!!」

と決断しました。そもそもなんで今までファンレターを書かなかったかというとファンレターに書くことが無かったから。書くことが無いから書かない。ただそれだけ。

過去に一回だけV6の坂本くんの誕生日あたりにファンレターを書こうかなと中学生の頃に思ったのですがなんやかんや書かなかった。鉄は熱いうちに打てという感じですぐに書けばよかったんですけど鉄が冷めてしまったんですよね。

 

しかし今回の一万字インタビューを読んで

「書くことがあるからファンレター出すのでは無く、ファンレターという存在自体が大事だから出すのだ!!」

という感情になり出す決断を。ありがとう五関くん。

なので鉄を熱いうちに打ちました今回は。

 

そんなこんなで人生初ファンレターの第一歩を踏み出しました。

 

まず初めに道具を揃えようと思い、封筒と便箋を買いに行きました。

私がもともと持っていたレターセットはキャラクター物ばかりで、「五関くんに出すファンレターにキャラクターものはちょっと・・・」という感情。全然キャラクターものでもいいと思うんですよ、しかし私の未だによく分らない五関くんに対する思いが許せなかった。許してくれなかった。

なのでまずレターセットを買いに雑貨屋さんに行きました。

 

f:id:kzm0706v:20170331225332j:plain

 

うんうん唸りながら悩んだわけでは無くパッと決めてしまった。「青だし綺麗な感じだし、これに決めた!!」という感じで即決した。しかし家に着いてあらためて見たが「このレターセット重くない??」っとなってしまった。しかしもうしょうがない。これが私の人生初のファンレターを書くやつだと強く思い心を落ち着かせました。

 

そしてよし書こうと思いまずはワードを立ち上げました。まず下書きが大事。なるべく失敗をしないために。

そして書き始めようとしたのですがどうやって書き始めたら良いのかが分らない。私が最後に書いた手紙は就職先に書いた手紙だ。

そもそもファンレターというものはどのように書いたら良いのかが分らなかった。手紙の出だしはまず時候の挨拶なんじゃないかと思い、

五関くんにぴったりの時候の挨拶を調べていた自分がいた。

いやいや待てよ待てよそんなにかたい感じの手紙で良いのか??もっと軽い感じがいいんじゃないかと思い我に返った。

ちなみに私が考える五関くんにぴったりな4月の時候の挨拶は「春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)の候」です!!

春風駘蕩の意味 - 四字熟語一覧 - goo辞書

「春風駘蕩」とても五関くんにぴったりじゃないですかとてもとても。

しかし、今回はファンレターもう少し軽い感じで行くという方針なので今回は残念なことに使いません。

ぜひ皆さんが考える五関くんA.B.C-Zにぴったりな時候のあいさつを教えてください。私がただただ楽しみます。

 

またふりだしに戻りました。こんなときはネットだ!と思いファンレターの書き方を検索するといろいろ出てきました。やっぱりネットは凄いです。

今回私はこの2つのブログを参考にさせていただきました。

ありがとうございます。

akipero36.hatenablog.jp

torata-nu.hatenablog.com

 

この2つのブログを参考にしつつ、なるべくコンパクトなファンレターにしようと思いました。たぶん長くたらたら書いても伝えたいことが私はとっ散らかってしまうと思ったので。

なので書く前に伝えたいことを箇条書きにしてみました。

ちなみにこんな感じです。

 

・主に五関くんがきっかけでA.B.C-Zのファンになったということ

・昨年のコンサートや舞台の感想のまとめ

・感謝の気持ち

・今年のコンサートをとても楽しみにしている気持ち

 

以上のことを書きたいと思いました。

そのことを踏まえてブログを参考にしながらワードに下書きを書いていきました。

なるべくコンパクトにということを意識したので約500字になりました。

後はボールペンで丁寧に清書を。読みやすさを考え黒のボールペンで。就活の履歴書を書くときにお世話になった黒ボールペンで。

こんな感じで初めてのファンレターを書いていきました。まだ投函はしていないのですが、明日明後日あたりに投函しようかなと思います。

なかなか面白かったです、初のファンレター。

今度はもう少し短いスパンで感想など書いたファンレター書いていこうかなと思いました。

 

ぜひ皆さんのファンレターの書き方こだわりがあれば教えてください!!

 

 

A.B.C-Zのファンになって洪水のように流されて1年がたって結果楽しかった

気が付いたらA.B.C-Zのファンになって五関担になると言って一年過ぎていた。

あっという間な1年でまだ1年しかたっていないという現実。

とてつもないスピードで駆け抜けて行った1年間でしたが濃さが凄くてこれ2年か3年分くらいの濃さじゃないと疑ってしまうくらい。

振り返ってみるとそんな1年。

ぴかぴかのA.B.C-Zファン1年目。

V6とSMAPを通ってきたヲタクの驚きの連続の1年目。

 

私は1日1ページ手帳を使っているのでなんとなく日記みたいなものをつけているので、それで確認しながら振り返る。私の曖昧な手帳を記憶なので完全に正確ではない可能性があります。

 

 

私の手帳の3月3日のページに突然現れたワードA.B.C-Zそこからほぼ毎日なにかしらA.B.C-Zのことが書かれる日々。

3月13日にアリサマをポチって3月14日に夏コンがあることを知り行くか行かないか悩んでいることが書いてある。結局行きます。

 

そして1回目の驚きがきた。

A.B.C-ZにはFCが無かった。まだ発足されていなかった。

 

私はもう5000円をA.B.C-Zに献上する気まんまんでいた。しかしその振込先が無い、この手に握られた5000円の行き場は。この郵便局に駆け込みたい気持ちはどうすれば・・・??となった。

すぐにメール会員というものを知りすぐに登録をしました。メール会員とは??となったがこれしか方法がないと理解し登録をしてそっと手に握られた5000円をお財布にしまいました。そんな3月。

 

そこから息を吸うかのようにアマゾンを見てはA.B.C-Zの作品をぽちってしまうという症状が起きていた日々。

コンサートの日程とシングルの詳細がなかなか出ないことにソワソワしていた4月。

ABChanZooが深夜にリニューアルした4月。

GO!GO!5とJ`s倶楽部の2つのラジオが始まった4月。

 

そして4月にはお久しぶりにジャニーズ公認スクールカレンダーを買いました。もちろんA.B.C-Zの公認カレンダー。

その前に買ったのは関ジャニ∞の生徒手帳がついていたスクールカレンダー。確か私が中学生くらいのときなので8.9年前くらいになると思います。私が今まで買っていたスクールカレンダーは飾るのにかさばるものばかりだったのでとてもコンパクトでお写真が多くて感動した。かさばる飾る場所に困る感じこそスクールカレンダーそれがらしくて良いという感じだったが、このコンパクトさもとても良いという感じで。

 

5月11日にコンサートとシングルのお知らせがくる。2回目の驚きが来る。メール会員は電話で当落確認することが出来ないことを知り驚く。チケットが届いたことによって当選と知るという。

正直、今まで電話の当選確認ですら面倒だと思っていました。なかなか繋がらなくて当選確認開始日は繋がらなくてイライラしていたりもしていて今どきまだ電話かよとずっと思っていました。しかしメール会員は発送をもって当落確認とは・・・。数日理解が出来ませんでした。初めて知った世界でびっくりしてスリル満点で心が混乱していた。しかし私はこのスリルにこれから慣れなければならない頑張るぞ!!と誓った5月。

T5T初披露のMステにわくわくした5月。

五関君のウィンクに倒れた5月。

 

 

そしてこの春から毎月のようにドル誌を数冊買う日々のスタート

毎月数冊ドル誌を買っていたのはカミセンがドル誌を卒業するまでだったのでお久しぶりです。

月5冊のドル誌にでないGのファンにとっては本当に羨ましい環境。 

 

最初の方は我慢して月2冊3冊しか買わないぞと決めていたのに気が付いたら月5冊プルコンプする日々に切り替わっていました。だってこの恵まれた環境を存分に楽しまないとですから!!厳選する時間が勿体無い全部だ!!ドル誌はどう足掻いたっていつかは卒業してしまうから、卒業するまで存分に楽しむぞ!!と誓いました。

 

そこからなんだかんだあって楽しくてアルバムも発売して橋本くんのソロコンも発表されてなんだかんだあって楽しくて。スリル満点でしたが無事にコンサートのチケットも届いて、応援屋の製作発表もあってなんだかんだ楽しく過ぎて行った。その期間はなんだかんだいろんなことがあって舞台あって楽しい日々で。なんだかんだとか書きつつ手帳にはほぼ毎日なんかしらA.B.C-Zの話題があるという濃さ。ありすぎてなんだかんだと書いています。

 

そしてそしてついて7月24日です。A.B.C-ZのFC発足です!!

とてもとても嬉しかった。泣いた。幸せだな~と思いながらそっと財布にしまっていた5,000円を取り出し郵便局に駆け込み振り込んだ。

好きなタレントの部分に五関晃一と書ける幸せを噛み締めながら2回書き間違えた振込用紙。改めて感じたFCの存在の大切さ。そんな7月。

 

そうして8月からはコンサートと感謝祭で駆け抜けていた日々。初めての生のA.B.C-Zが画面越しでもとてもカッコいいのにそのカッコいいが画面を通さずダイレクトに目の前に来たときはカッコよさとキラキラを過剰摂取して幸せ放心状態だった。

そして私は初めて1人で泊まりの遠征をしました。泊まりの遠征をするときはいつも必ず姉を誘っていたので。なんだかんだ出来たので、何だかんだ何とかなるんだなと再確認した夏。

そして会員証が届いた8月。

 

秋になったらダイヤルA.B.C-Eが始まり2本のラジオの公開収録にえび座。口を開けば桂馬様桂馬様ああ桂馬様桂馬様。

A.B.C-Zの忍者に騒いでいたら全国各地で目撃されるA.B.C-Zにざわざわするタイムライン。

年末年始は五関くんとっつー塚ちゃんの舞台。口を開けばネッド様ネッド様ああネッド様ネッド様。

 

夏から秋まで一気にまとめてしまったた感はあります(笑)ありすぎてまとめられない。

 

そして1月から2月は5周年で祭りだわっしょい!!と脳内御輿の登場率が高かった日々。いろんなことがあったありすぎた。

人生初めての接触イベントハイタッチ会。なにがなんだか分らない記憶ないハイタッチ会。楽しかった嬉しかった幸せだったことしか記憶ないハイタッチ会。タイムラインの皆さんの記憶保持率が高くて経験値の違いを感じる。

その後も写真集やら応援屋やらとてんやわんや。

2月の詳しいまとめはこちらにあるのでまあまあ省略

 

kzm0706v.hatenadiary.jp

 

簡単にまとめてしまいましたが濃すぎて濃すぎてこれが全部1年の間に起こっていることに驚きます。いろんな驚きと初めてとわくわくとどきどきと・・・なんだかんだありましたが楽しい幸せを感じた1年でした。

 

いろんなことがありすぎて川の流れのようにというよりA.B.C-Zの洪水にゴゴゴっと流れてここまで来た感ありますがとても心地よくて、多分これからも私はこの洪水にゴゴゴゴゴっと流されていくんだろうなと思います。

楽しい1年だった、多分これから1年も楽しくなるだろうなと。

 

取り敢えず写真集の「五つ星」楽しみ~!!新しいA.B.C-Zが見れるかなどうかな。

 

 

 

 

 

五関担な私の12月から2月のまとめ

ブログを更新していない間にあったことをツイッター読み返しながら振り返っていきます。

年末から今までいろんなことがありすぎて忘れていることもあると思います。そして私は五関担なので五関くんのこと多めです。

 

12月1月『「シェイクスピア物語」~真実の愛~』

事前にブログなどでは末っ子を楽しむと、そしてゲネプロでは脱良い子ちゃん宣言とキュンキュンさせる宣言をした五関くん。

初日に入った人たちが倒れていく姿を見て私はどうなってしまうのかとあわあわして心臓が痛かったです。クリスマス公演を観に行きました。

格好良くて格好良くて格好良くて素敵で可憐なネッド様を観てしまった私は正直しんどかった。頭を抱えた。シェイクスピア物語のすべてに感謝をしていました。

 

その後のシェイクスピア物語ロスが酷過ぎて大変だった。外部の舞台嬉しい楽しい大好き。

そして五関くんはいろんな人に愛されていたとても。愛されまくっていた。橋本くんに参考にすると言っていた末っ子でしたがとてもぶりっ子感MAXな五関くんで橋本くんの末っ子を参考にはしてなかった。

 

 

12月25日 タッキーディナーショーに五関くん登場

滝沢君の振り付けをした五関くんはクリスマスにサンタの帽子を被りディナーショーに登場。行けませんでしたが、ありがたいことにしっかりとワイドショーにも映っていた。

今回も年下の現場で甘えていた五関くんでした。可愛かった。けん玉をして滝沢くんを後ろから抱きしめていた。

 

 

1月1日 CDTV Reboot!!!テレビ初披露

初見はなにがなんだかわからない技盛りだくさんであわあわしていながらも血液は沸騰していました。正直気持ちが年明けしていなかったがA.B.C-Zのパフォーマンスで年明けさせてくれました。

リブートしていたA.B.C-Zを見せつけられてもう血がふつふつと沸騰。

 

 

1月6日 雑誌ダ・ウィンチ 東村アキコ特集 五関君と対談

まさかの角度からのお仕事、鈍器で殴られたかと思いました。

やはり・・・

花鳥風月五関様

とてつもないパワーワードを生み出していた。そしてヲタク全開だったアキコさん。

もう一度言いたい・・・ 

花鳥風月五関様

今度東村アキコさんの漫画読みたいと思います。

 

1月14日 ABChanZoo 占い

五関くんの占い結果で心ざわつく。五関くんはA.B.C-Zにいて良かった。

 

 

1月12日 「TVガイドPERSON VOL.54」に五関君が単独で出ることが発表される

慌てた。私は慌てていた。信頼と安定と確実な実績があるパーソンに五関君が単独で出ることに。このときは想像をはるかに超える五関くんパーソンの予想などで来ていなかった。

 

 

2月1日 A.B.C-Z 祝5周年 「Reboot!!!」発売 会報発送 コンサートツアー発表

てんこ盛り過ぎる、てんこ盛り過ぎやしないかい。ちょっと待ってくれ情報量が多すぎるんだ公式さんよと慌てていた1日。

渋谷はセンター街にシブツタにA.B.C-Zまみれ、街にはアドトラが走っている、世の中がえび祭り!感情がワッショイワッショイ!!

そして、コンサート!嬉しい。しかもいろんな場所でやってくれる~とうきうき気分です。

今年の夏もA.B.C-Zに預けます、捧げます、感謝!!

 

 

2月2日 トニセンTTT観劇 グローブ座

お久しぶりのV6の現場。坂本くんの現場に関しては1年振りということである意味緊張していた+どんな感じの舞台か全然分からずどんなテンションで行ったらよいのか分らず戸惑っていました。

正直この舞台はいまだに戸惑っています。戸惑っているという言葉が一番しっくりくる。

戸惑いながらも満足感は120% 不思議な舞台です。

もともとポジティブ寄りの楽曲のネガティブな一面を見せつけられたり、その逆もあったり。楽曲の楽しみ方が増える舞台だったな。

まだまだこれからもずっとこの自分の中の霧の意味を考え続けてしまう舞台なのかもしれません。

 

 

 

2月5日 A.B.C-Z 「Reboot!!!」リリースイベントプレゼントお渡し会 高田馬場

朝の7時過ぎにえび担じゃない友達と並び始めて、このときはこんな長期戦になるとは、10時間も並ぶとは思わず心臓は痛かったですがおしゃべりしながら呑気に過ごしていました。

私は2ターン目のお渡し会が一回目の参加だったのですが、1ターン目に参加していたフォロワーさんから最初に前説があったとお聞きし、「一番最初だからだろうな~私ももっとは早く並んでおけば良かったかな。でも一番の目的はお渡し会だからまあまあ。」なんて呑気に並んでいました。そんな感じで並んでいるとイベントのスタッフさんが「画面のほうをお向き下さい。(不確か)」なことを言い始める。私の心の中は「まさかまさかまさかな~そんなことないない!」なんて言い聞かせながら心臓痛くなりながら焦っていました。そして本当に登壇してきたA.B.C-Z

 

神様仏様A.B.C-Z様かよ・・・

 

心の中はそんな感じでした。そして全部の回で前説をやってすごい。感謝しかない。そんな彼らに「ありがとうございます。おめでとうございます。」しか言えない私・・・不甲斐ない。彼らはいろいろ与えてくれるのにと。

お渡し会は正直あまり記憶が無いです。接触イベントの経験値の低さがとても影響した感はあります。でも楽しかった、何時間も並んで疲れたけどハイタッチした瞬間にその疲れ忘れるぶっとぶくらい。

 

 

2月7日 「Reboot!!!」オリコン週間ランキング1位! ファースト写真集発売決定

おめでとう!めでたい!!オリコン1位めでたいです!!

そんなめでたいワッショイ気分からの写真集発売決定でとても驚いたし、とても嬉しかった、嬉しくて嬉しくて。電車の中でこの情報を見たのですが泣きそうになった。泣いていたかもしれない。今最高のビジュアルが写真集に残るという事実に感謝。

そして東京ニュース通信社から出版される事実に感謝。

 

 

2月9日 「TVガイドPERSON VOL.54」発売

私の地域は入荷1日遅れなので、どんどん倒れていく人たちをただただ恐怖を感じながら眺めていた。パーソン五関パンデミックだった。

ちなみに私は「五関くん関係すること全部『Death or Die』。」という気持ちで万全な態勢で見ましたが、普通に死んだ、死んで新しい世界へようこそしていた。お写真もテキストも良かった。まだ消化していません!!

 

そして後日ツイッタ―で流れる撮影秘話でまた死亡。クッションを殴っていた。好きです五関君の「ふふふっ」

 

 

2月11日 忘年会で五関くん泣いたことをばらされたちゃんずー

五関君が泣いたと知り私も泣きそうになる。確実に心では泣いていた。

 

 

2月14日 「3月15日(水)『ABC座2016 株式会社応援屋!! 〜OH&YEAH!!〜』発売」

桂馬さんにまた会える未来確定に感謝。応援屋に何回も応援してもらえる未来が確定したことに感謝。

この発表がある前なぜか結構応援屋の話がツイッタ―でされていた気が。正直そんなTL見てまたロスっていた。どんなに時間が経とうとも心の中には応援屋が存在していて、私は応援屋に入社したのに応援屋に会えない現実に苦しみ、いつまで私は円盤化するのを願っていてもいいの・・・?なんて考えていました、もう感謝です。

もう一か月切っているんですよね。楽しみ楽しみ!!応援屋は応援上映会したくなる作品だからみんなで見れるの楽しみ!!

 

 

 

 

 

そして今月はMyojoさんで五関君の1万字インタビューです。

 

頑張ろう五関担。強い心を持って生きよう五関担。たぶんもう瀕死の状態だけど頑張ろう、桂馬さん見る為に頑張ろう!!

 

 

 

A.B.C-Zのまだ見ぬ今よりもっと明るい明日を想像して。

news.mynavi.jp

 

 

とっても素敵な記事がアップされました。単純に私はとっても嬉しかった。

『ABChanZoo(えびちゃんズー)』のプロデューサー松澤潤さんがABChanZooに対する思いが語られている。

色んなジャニヲタに読んでほしいインタビューでした。

 

どの番組スタッフもその出演者、グループに愛を持って製作されていると思うのですが、こうして言葉にして伝えて下さることで私はしっかりと実感することができ嬉しかったです。

 

ABChanZooが今年の春から深夜に移動になり、リニューアルされました。このことは内容的にも時間的にもファンの中で賛否両論なのかなとツイッタ―などを通して感じていました。私はこの時間この内容になったことでA.B.C-Zにしかできない番組になったと感じとっても嬉しいし面白いと感じています。

 

松澤潤さんのインタビューからはABChanZooがA.B.C-Zの明るい未来のことを考えてくれている番組作りをされている番組だと感じることが出来ました。

 

ガチガチに番組に当てはめて、個性を考えず情報を盛り込んでいけば視聴率は今よりいいかもしれません。彼らのイメージを良くするためだけに番組をやっているわけではないので、企画ありきというのは、他の番組と変わらないです。

 

でも、せっかく番組に出てるから、良いところも悪いところも含めて彼らの個性が出る番組であってほしい。もしかしたら、ファンの人が求めている見たいものとは違うかもしれないけど、それも彼らの個性ですから。

 

http://news.mynavi.jp/articles/2016/12/03/abchanzoo/より引用

 

この言葉が私はとっても嬉しかったです。たぶん制作サイドだって視聴率のノルマなどをスポンサーや上から言われているでしょう。しかし、この番組スタッフは視聴率を簡単に取ることよりもA.B.C-Zの成長、未来のために番組制作をしていることを知り嬉しかったです。

どの番組とかは言いませんが、ジャニヲタをしてきて、「これって他でも成立するな~」や「時間もそんなに無いしスケジュール的も製作費的にもにしょうがないけどそのグループの魅力が全然伝わらない気がする」という番組があったなと感じていたこともありました。それはいろんな状況もあり、もしかしたら制作サイドもジレンマに感じていたのかもしれませんが。

 

ABChanZooはA.B.C-Zにしかできないらしさがある、低予算かもしれませんが、その低予算の中で様々な工夫をしてA.B.C-Zのバラエティー的な面での魅力を最大限に活かそうとしていると感じます。

 

そして、インタビューの中にはこんな言葉もありました、

 

たとえば5人メンバーがいるなかで、3人はグルメのロケ、2人は電車でどこかへ……みたいなこともあって、そのやり方は効率が良いし、早くロケが終われば彼らもきっと他の仕事を入れられる。でもやっぱり5人で行こう、5人の良いところも悪いところも出る番組にしたいという思いが募りました。5人だと、ふだんの役割分担に近いものが出ると思うんですよね。

 

http://news.mynavi.jp/articles/2016/12/03/abchanzoo/より引用

 

番組サイドが5人で5人全員での番組作りをしていくという気持ちが嬉しかったです。

やっぱりグループとしている以上、グループみんなでいるときの魅力が一番すごいのだと私は感じています。もちろん個人の仕事やコンビ・トリオの仕事もとっても素敵ですが。

5人全員一緒にいてその5人一緒にいるときの魅力を番組は見せるぞという気持ちが純粋に嬉しかったです。

 

その他にもこのインタビューには素敵な言葉がたくさんあるのでいろんな人に読んでほしいです。

 

私は今年の頭からA.B.C-Zのファンになったのですが、この1年でA.B.C-Zは凄く愛されている、もう愛され過ぎているなと感じました。もちろん他のグループも愛されてると思うのですが、A.B.C-Zをこんなに愛しているのだと公の場(制作サイドのツイッタ―や雑誌、共演者などのテレビでの発言など)で発信してくれる人が多くいて、この愛されているという事実をより実感したと思います。

今年発売されたダヴィンチや「ダイヤルA.B.C☆E」のスタッフさんのツイッタ―であったり、発信して伝えたくなったりする魅力をたくさん持っているグループなのだなと感じました。愛されている。

残念ながらダヴィンチさんは完売しているのでこちらのインタビューが気軽に読めるものなのですが、ぜひ読んでもらいたいです。とっても素敵な言葉が溢れている文章です。

ddnavi.com

 

A.B.C-Zのまだ見ぬ今よりもっと明るい明日を想像してこれからも応援していきたいと思います。

 

そして、なんとタイミングよく

12月7日にA.B.C-Zの最新コンサートDVD・BDA.B.C-Z Star Line Travel Concert』が発売されます!!

 

 

 

 

タイミング良すぎだね!!!もう1週間切ってるよ!!次の火曜日にはフラゲできちゃうよ!!

 

こちらはABChanZooなどのバラエティーとは違う一面の歌ってガンガン踊るアイドルとしてのA.B.C-Zの魅力を存分に楽しむことが出来ると思いますので、気軽に買って観たらいいと思うよ!!

そしてバラエティーとは一味違ったアイドルA.B.C-Zのパフォーマンスに心が打ち抜かれたら良いと思います!!

 

ぜひ買ってください!!!

 

 

 

地球のまわるスピードが速くなった、そして自担は末っ子を勉強し始めた

えび座を観劇し終え、日生劇場の前で「次はいつ五関くんに会えるのだろうか・・・半年後くらいかな・・・」と考えていた秋の肌寒い夜。

つい先日「しばらくはSLTコンのBDをゆっくりと噛み締め楽しむ日々なのだろうな~楽しみ。」と考えていたそんな日々

 

皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか・・・・

 

今はそんなことを考えていた日々が懐かしく感じますね。

 

 

ある日のお昼前、その日はもうすぐ冬に差し掛かろうとしていますが、天気もよく暖かかったように覚えています。

私はその日、買い物に行く道中で姉の運転する車の助手席に乗っていました。

いつものようにツイッタ―の文字を流れるようにスクロールしていると、目を疑ってしまうような言葉が脳内に流れてきた。

その文字を見た瞬間私は視線がさまよい、じっとしていられなくなってしまった。そして、呼吸が早くなり、苦しくなった。その内容を理解した私は極度の興奮を感じていたように覚えている。

 

その文字は

シェイクスピア物語 五関晃一(A.B.C-Z)」

 

 

やったーーーーー!!おかーーーさーーーん!!やったよ!

五関くんが外部の舞台にでるよーーーーー!!!ハッピーじゃんサンキューじゃん!地球のスピード早すぎる!!!急すぎる!!

年末は五関くんに会えるんだって、しかもクリスマスシーズンだって!!嬉しいね、嬉しい!!えび座で仕舞い込んだ脳内御輿がこんなにも早く使われるとは~!!

 

しゅぱぱんと申込みしてきましたので後は当てるのみ。願掛けなのか、興奮してなのか着ていく青色ニットも買ったので当たってくれなくては困る・・・

 

 

そして、五関くんもえびブロほのぼのごっちでも報告して、楽しみな事が伝わってきて嬉しい、

ジタンウレシイトコッチモウレシイヨ。

 

そんな五関くん、えびブロでも言っていましたが末っ子を勉強するんですって。

末っ子を勉強・・・

末っ子をべんきょう・・・

すえっこをべんきょう・・・

 

それは駅前留学か何かかな五関くん??それともそろばん教室かな????

 



確かに五関くんの言う通り、五関くんが末っ子になる現場はなかなか無いものね!!

でもね、末っ子は勉強するものではないんだよ五関くん。でも勉強しちゃいたいくらい楽しみなんだよね五関くん。楽しみで勉強しちゃう五関くん。

 

そんなグループ最年長五関くんは無事に末っ子を覚えることができるのか、楽しみですね。橋本くんから勉強するから小さいワンコになるのかな?

私も末っ子スキルを身に付けることができた五関くんが楽しみで仕方がないです。

 

でも、その末っ子スキルをグループに持ってきたら、もしかしたら他のメンバーも戸惑っちゃうかもしれないからしっかりと相談するんだよ、五関くん。

グループに持ってくるときはプレ末っ子とかをラジオとかでして相談したほうが良いかもしれないよ。

 

いや~現場が決まるとこんなにも世界が明るく見えるとは、ありがとうね五関くん。

 

もういくつ寝るとシェイクスピア物語かな~



 

ABC座2016感想 桂馬の桂馬

えび座 感想

 

先日、千穐楽を迎えました「ABC座2016株式会社応援屋」ですが感想を書いていきたいと思います。

前回のSLTコンの感想は結構時間が経ってから書いてしまったために記憶が曖昧だったり抜けている場面があったりと苦労し反省したので、比較的早めに書こうと決意し、今書いています。

 

今年の頭にA.B.C-Zにドボンしたので初えび座、映像でしか見たことが無かったえび座。レポなどは私記憶力があまり宜しくないので、たらたらと感想を書いていきたいと思います。

 

ネタバレもあるので見たくない方は戻ってください。

 

観劇する前からツイッタ―などで五関座だなどのつぶやきを多く見かけ、五関くん担当の私はそわそわを通り越して、心臓が痛くなっていました。

 

五関座って五関座・・・

GO・SE・KI・ZA!!

 

私自身今まで、SMAPとV6を通ってきた者なのでDVDなどで少年隊のプレゾンやドリボなどは観たことはあったのですが、あまりジャニーズ系の舞台にあまり関わったことも無く、その点でもそわそわ。

 

楽しかった~面白かった~!!

 

観劇した後は脳内『桂馬!桂馬!!黒丸桂馬!!』とお御輿を担いでいた。脳内ワッショイ!ワッショイ!!状態。

「桂馬(五関)さんの一秒が 私を何日も揺さぶる~♪(ByNaturally)」状態という感じで。

 

 

いろいろ考えてしまったら突っ込みたい部分もあったりでしたが、そこの部分のせいで面白く無かったとか思わなかったですし、私は全然気にならなかったです。とっても楽しかったです、とっても面白かったです。

 

 

いや本当に五関くんがおいしい役でおいしい役で、おいしい役を五関くんが素敵に調理してて・・・

五関担として私はもうお腹いっぱいでした!!お腹いっぱい通り越してました!!

脳がモーニングとランチとディナー全部デザート付きを一気に食べた気分でした!!

やっほーい!!贅沢!!

 

 

それぞれのメンバーのことを書くと膨大な量になりそうなので、五関くんメインでピックアップして感想書きたいと思いますが。私には文章力が(大学四年も通ってレポートもいっぱい書いたのに)無いのでさまざまな部門に分けてランキング形式で・・・

 

部門は「私、心がしんどい」「かわいい」「かっこいい」でお送りしたいと思います。

 

 

私、心がしんどい部門

第3位「ビールをラッパ飲みして瓶をぶん投げる桂馬さん」

いや~、高いところから見下げている桂馬さん強いよ~でも弱い。なにこれ、強そうなのに弱い脆い桂馬さん。

強い仮面を着けているけど本当は弱くて脆い桂馬さんが見えた。私の心が辛いわ~。

下に降りてきたと思ったらぶん投げたからね桂馬さん。ノールックでぶん投げた~、儚い!!桂馬さん辛い!

 

第2位「マスマテックの曲中で苦しそうな表情をして将棋をする桂馬さん」

「そんな辛い表情で将棋しないで桂馬さん・・・こっちも苦しくなる。」と心の中で感じながら観ていた。

私があの世界の桂馬担だったらあんな表情しながら対局している桂馬さん観ていたらもう私現実病む。良かったな私こっちの世界にいてと思った。

 

第1位「桂馬のジレンマ ソロダンス」

裸足で踊るって良いものなのだなと。

桂馬さんの心の葛藤を五関くんの得意分野であるダンスで表現するというのがジャニーズらしくて良かった。うん。

弱さと強さが喧嘩していた。これまでのシーンは圧倒的に桂馬さんの弱さが全面的に出ていたな~と感じていたのですけど、ここのシーンは根っこの部分にこれか生まれてくるであろう強さも少しダンスから感じて。

うん、多分私まだこのシーンについて消化できていないのだなと。書いていて思いました。

 

 

 

かわいい部門

第3位「酔っ払い桂馬さん、いしけんを見つけて敬礼」

というかあのシーンの桂馬さんは全体的に可愛かった。

お酒のおかげで将棋に対して素直だった桂馬さん。桂馬さん本当は表情がころころ変わる人なんだな~とか思ったりして。愛おしかった。

 

第2位「CATANAに勝って引退しろぉ!?」

なにあの歌い方・・・可愛いんですけど、きゃわうぃいんですけど。

幕間で脳内エンドレスリピートですよ。はぁ・・・CD化して!!

 

第1位「白手袋がなかなか上手に着けることができない桂馬さん」

シャチョーとゆみこさんを応援するときの『CHANGE YOUR MIND』での桂馬さん。

白手袋をはめるのですが、なかなか上手くはめられないのか手首の辺りとずっと弄っている。もうすぐソロダンス始まるよ始まっちゃうよとこっちがソワソワしてしまう。

 

 

五関君的に可愛かったシーンはショータイムの登場でカズニョロポーズなのかジョジョ立ちしながらの登場とT5Tで河合くんといちゃついている五関君と幕が降りるときにぎりぎりまでファンに向かって応援するようなジェスチャーする五関君です。

 

 

 

かっこいい部門

第3位「CATANA戦の冒頭 後ろの画面に映っている桂馬の駒を咥えている写真の桂馬さん」

これを見た瞬間、桂馬さんは自分の意思かどうか分らないけど絶対に将棋界ではアイドル売りされている人だわと感じた。

もしかして桂馬さん天然さんだからアイドル売りされてること気づいていない感じですか、大丈夫??利用されていない??

 

第2位「フェラーリに乗る桂馬さん」

背筋ピーーーーン!!

桂馬さん×ベスト×馬カッコいいね。というか私ベスト好きなんですよね。スリーピーススーツ大好きです!

 

第1位「てめぇらに感謝してるよ。俺・・・やっぱ将棋好きだわ・・・!!!!」

堂々の私の中の第1位です。

殺陣の部分はどの部分もカッコいい、カッコいいしかない。あの瞬間桂馬さんが世界で一番カッコいい。

あのセリフの瞬間は私の中の血液が沸騰していました。いや~ありがたい有難いです。

 

 

五関君的にはABCのときの後ろに進みながらの足のステップ細かいところ。

あと衣装のフリンジが五関君の踊りのクセで肩をよく動かすのか綺麗に踊っていたのがかっこよかったです。そのフリンジも後半は河合君にばしばし当てていて武器になっていたみたいですが(笑)良いと思います五関君。

 

以上。

 

後半の文章だらけているのと、途中から迷走していました(笑)

もっと上手に感想書けるように頑張ろうと思います。

いや~反省反省。

 

 

 

SMAP 投票 『世界は僕の足の下』

今週はついにSMAPの25周年記念ベストアルバム「SMAP 25 YEARS」の曲目が発表されますね!!!!!

 

三枚組で50曲も収録されるということで楽しみですね。

姉とどんな曲がランクインするのか予想しながらそわそわしています。

 

 

勿論、私も投票しました~!

夕食後は姉と投票タイムみたいになっていました。なるべく色々な年代の曲を投票していたと思います。姉といろんな縛り(全アルバム一曲ずつなど)をして投票をしていたので。

 

その中でも私はSMAP 012 VIVA AMIGOSに収録されています「世界は僕の足の下」という曲によく入れていたのかなと思います。

SMAP/歌詞:世界は僕の足の下/うたまっぷ歌詞無料検索

 

数えていなかったので不確かなのですが。

 

私「世界は僕の足の下」がすっごい好きなのですよ・・・。

 

初めて聴いたのは多分小学生の頃だと思います。小中学生の頃は普通に好きかな~くらいのポジションだったと。

しかし、数年前突然すっごく好きになりました。

この曲の見かたがが昔と変わったな~と感じたんですよね。

 

 

 

小中学生の頃はこの歌詞に出てくる『僕』がとても遠い大人に感じていたんですよね。

 

この部分の歌詞とかで、

世界はこの足の下 そう思えた

矛盾や世のしくみを知っても

正しい酒の飲みかた 覚えられた

来週 親友にも会う

 

SMAP/歌詞:世界は僕の足の下/うたまっぷ歌詞無料検索より引用

 

とくにこの歌詞が小さい頃の私にはこの『僕』が大人に感じていたんですよね。

 

 

でも、私も今年22歳でお酒を飲める年齢になって、なんとなく世の中の理不尽なこととかもちょっとずつ感じるようになってきて・・・

そんな時にこの曲を改めて聴いたときにずっと大人に感じていた『僕』が私にとってずっと身近な存在になったんですよね。

 

正しいお酒の飲みかたを知ったからといって立派な大人でもないですし、改めて聴くと何気ない当たり前のことに気づくことができた『僕』の曲なんだなということに二十歳過ぎて気づくことができたんですよね。でもそんな何気ないことに気づいている『僕』って改めてすごいことなんだなとかも感じたり。

 

箱の中 何年もたまってる写真

どれ見ても すみで 笑ってる

 あの頃より痩せたかも でも誇れる

いつでもこの顔には嘘が無い

SMAP/歌詞:世界は僕の足の下/うたまっぷ歌詞無料検索より引用

 

こんなこと感じれるって凄いな~とも思ったり。私はまだこんな自信を持つことはできないかなとも感じたり。

 

身近な存在なんですけど結構凄い『僕』です(笑)。

 

この曲は今の私にとって背中を押してくれるというよりはそっと背中を支えてくれるような曲になっています。

 

多分、働きだしたらまたこの曲のイメージは変わるのかもれないですし、もっと年を取ってもまた違った見かたができるのかもしれないですね。楽しみです。

 

あと、今回の投票で私は「SMAP 012 VIVA AMIGOS」というアルバムがすごく好きなんだと気が付きました。

SMAP 012 VIVA AMIGOS」と「SMAP 006~Sexy Six~」がとても好き!!

 

いや~発表が楽しみ!!!!!

 

 

SMAP 25 YEARS (初回限定仕様)

SMAP 25 YEARS (初回限定仕様)

 

 

 

 

 

SMAP 012 VIVA AMIGOS

SMAP 012 VIVA AMIGOS